zozotownの社長

By kihara, 2018年8月11日

基本的に人に興味がないので巷の噂は気にしてなかったのですが、グルメ情報が載ってるということでTwitterを見ました。

結論から言うと自分より大きい人間でした。

労働についてどこの馬の骨とも知れないフォロワーとの会話していて、楽しくない労働をなぜするのか、楽しくなければやらなきゃいいじゃんという、完全に自分の考えと同じ意見のようです。
が、ここからが全く違います。

みんなが幸せなったらいい、と。すごいですね。
自分の場合、楽しくない仕事をしているたくさんの人達の上で楽をしています。みんなが楽しい仕事をするようになれば今の楽なポジションが脅かされてしまうのではないかと、出来れば気づいて欲しくない、このまま疑問を持たずに社畜として生涯を終えて欲しいとすら思ってます。だって自分で気付くものだし、実行する事だし、知らない人だし。

もちろん自社の社員には自由に出来るだけの力を与えて真実を教えてます。真実というと大層な印象ですが経営者はみんな知ってます。商売の基本は安く仕入れて高く売るというシンプルなもので、人件費を安く抑える、面倒な仕事を安い人材で手作業で埋める、それだけで高く売る努力をせずに儲かります。

ただの代替可能な歯車とは別の世界を生きてます。わざわざそんな歯車に教えてあげる必要はないんです。すぐ稼げます的な儲け話のセミナーが多々あり、そんなに稼げるなら自分でやればいいじゃんと思った事ないですか?そうです、本当に稼げることは誰にも教えず自分でやってます。この場合はセミナー自体が稼ぐ方法です。

そんな自分で気付くべき事をわざわざ馬の骨にも教え、さらにみんなが幸せになれば良いと言ってます。しつこいですが、資本主義社会の貧富は相対的でしかないので全員が金持ちという状態はあり得ません。一億総中流を全員が金持ちだったと勘違いしている人はいないと思いますが、他国が貧困だっただけです。なのでみんなが金持ちになったら今の金持ちは貧乏になるわけです。
みんなが金持ちにとは言っていないのでお金ではない幸せを与えたいと言うことかもしれません。ちなみに僕は社員を全員金持ちにするつもりです。

1零細企業の社長ですら皆様にキッカケを与えたくこのようなブログを書いてますので、妬み僻みなどに無駄な力を使わずに幸せな仕事をやれるよう努力し続けて頑張ってください。もちろんそのまま社畜でいてくれても良いです!

 

 

Zozos / davidreber

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加