お酒とパズドラの共通点

By kihara, 2014年7月24日

 

「パズドラ」というゲームがあります。

何でも月商100億超だそうで、レイトマジョリティーで有名な僕でも5千円くらい使いました。

 

もう削除しましたが、やっている時を振り返ると飽きるとか熱中するものでもなく、

ソーシャル的な要素も特になく、1年ちょっとダラダラ続けてました。

 

そして僕はお酒好きとしても有名で、飲まない日は健康診断前の1日だけ(昼に飲んだ分はギリセーフ)という事は周知の通りです。

 

飲まない日の晩ご飯、死人のような状態です。

果たして食べる意味があるんだろうか、飲んでもバレないんじゃないだろうか、など考えるレベルです。

しかも2時3時まで寝れない。(6時くらいに気持ちよく起きれます)

 

 

その寝れない時、ふと思いました。

何でお酒飲むんだろう、何でパズドラやってるんだろう。

 

その時ひらめきました。

恐らく世界で唯一僕だけが気付きました。

 

 

 

暇なんだと。

 

そうなんです。暇なんです。

寝れないと本読んだり仕事したりするしかないのですがめんどくさい。

仕事中も仕事がめんどくさい。(嘘です)

 

どこかの誰かが言っていました。

 

「人生は暇つぶし」

だと。

※ウナギではありません。

 

 

40万時間ヒマ

 

本能の3大欲求を除けば1日に15時間は暇なんです。

月に450時間、年に5,400時間、死ぬまで40万時間。

 

暇つぶしのために仕事して、遊んで、恋愛して、子育てして、お酒飲んで、パズドラしてるわけです。

 

なんだ仕事って暇つぶしなんだと思ったあなた、ブラック企業に入れば簡単に40万時間消化出来ます。

 

逆に忙しくしているあなた、もっと気楽に生きてみては。

 

 

ヒマビジネス 

 

というわけで、暇をつぶせるものがビジネスになるわけです。

今流行ってるもの、話題のもの、考えてみてください。暇つぶしで説明できるはずです。

 

 

そうです。

 

そうなんです。

 

 

これが今話題の、

 

 

ヒマTsubusy(ツブシー)

過去作:1 2 3

 

すみません、仕事します!

 

 

 

Tokyo Game Show 2013 / shardsofblue

このエントリーをはてなブックマークに追加