人を見抜く力

By kihara, 2014年3月18日

人は一目で他の人がどんな性格か、どんな人生を歩んできたかか分かるようになっていると思っています。

これまで500人以上面接をし、様々な人に会ってきて確信しています。

面接時にSPIを予想して実際に受けてもらうとほぼ当たっていました。間違っててもSPIの方がおかしい事の方が多かったです。

それほど見た目が持つ情報は適確で多いのです。

 

 

人は人生が顔に現れます。

ずっと怒ってる人は怖い顔になるし、落ち込んでいれば悲しい顔になります。

僕はいたずら好きかつ冗談好きっぽい顔をしていると言われますが、実際は正義感あふれるいい人です。

という冗談を言うくらい、顔に出てます。

いつもニヤニヤしてるからニヤけ顏になってるわけです。

 

 

不幸の縦皺とか、幸運の横皺とか、人生の経験によって蓄積されるものは有名です。

先述と同じく、眉間に皺を寄せてると縦皺になる、という単純な結果です。

 

 

そしてもう一つ。

生まれながらに持った顔にも性格が明らかに現れています。

遺伝子と見た目も関係するそうなので、どこかの遺伝子がAだったらこんな性格でこんな目になる、Cだったらうんぬん、というのも確実かと思います。

動物だと非常に分かりやすいですが、見た目で一瞬で危険かどうかを判断してますよね。

もちろんそれを逆手にとるものもいますが少数派です。

人間も同じく、「この人賢そうだな」とか「こいつはヤバい」とか思うのは顔で判断しているに他ならないです。

 

 

生まれ持った顔 + 人生で蓄積された表情 = 今の人となり

 

 

人は外見じゃないと言いますが、それ自体は全く否定するつもりはありません。

ただ、もっともっともっと、自分が思った直感を信じる人が多くいてほしいです。

 

そうすればマスコミや著名人の意見によって人の評価がころころ変わる事が少なくなるのではないでしょうか。

 

あの人は信じられる人だと思ったのに、テレビでああ言ってるからやめようとか、有名な人がバッシングしてるからもう嫌いとか、人に振り回される事なく、

「あの人は信じられる人だと思った」事を大切にしてほしいです。

 

逆に「この人は危ない」と思ったらどれだけ言葉巧みに言ってきても惑わされないでください。

実際間違っていれば次から気をつければいいですし、本来人間に備わっている能力はそこまでズレないと信じてます。

 

 

でも面白いんですよね。

真面目だと思ってた人が意外と、気弱なくせに無茶している、やっぱりこうだったんだな、思ったよりすごいな、って煽り文句。

人は知らないうちに人の上に立ちたがるので、誰かが失敗するとそれ見たことかと言いたいんだと思います。

勝ち馬に乗って負け馬を捨てる的なノリはサッカーやオリンピックでたくさん見てきました。

ちょっと話がズレたのでここまで。

 

 

大抵の人にとってはお節介な話かもしれませんが、

あまりにも多くの人が手のひらを返す姿を見るに耐えかねたので。

 

 

恐らくみんな一目見たときに思ったはずです。

その時の直感を信じてみてはどうでしょうか。

 

 

 

Intuition / smoovey

このエントリーをはてなブックマークに追加