保育園という仕組みの無駄

By kihara, 2017年10月17日

保育士は「誰でも出来る仕事」だから給料が低い、というネタで盛り上がってますね。
それは確かに真実だと思います。どの職業でもそうです。ただ異なる点は、ダメな保育士も優秀な保育士も給与水準が同じという点ですね。そこのズレが炎上ポイントになっています。炎上というのものはいつもズレが原因な訳です。

さて、本当かどうか自分で調べないと気がすまない性格なので、以前保育園の経営について調べた事があります。
ここでは税金が多く支給される認定保育園についてシミュレーションしてみます。

保育園は補助金で成り立っていて、園児1人あたりの「公定価格」が決まっています。
公定価格
例えば定員10人以下の保育園であれば0歳児1人あたり38万円+昨今の流れで処遇改善費用がもらえます。
保護者が支払う保育料と相殺されるのでこれが収入となります。

また、園児1人あたり何人の保育士が必要かも定められています。
保育士の計算ロジック
何やら難しい数式が出ていますが、0歳児の場合は3人につき1人の保育士が必要となります。

最小構成で考えてみると、保育士1人で開業(できるかどうかは不明)し、0歳児を専門に定員3人でやるとします。もちろん認定保育園になるにはある程度の規模も必要ですが、あくまでシミュレーションです。
保育園不足が謳われているのできっとすぐに埋まるでしょう。そうすると114万円+アルファの収入で0歳児3人の保育をする事になります。
大した広さは必要ないと思いきやここも規定がありました。1人あたり1坪あれば十分だそうです。乳児室・ほふく室・保育室・遊戯室という部屋も大きめに3坪ずつ取って12坪、普通の家を借りるとお風呂とかもついてくるので16坪(約50平米)が必要になりそうです。
家賃が港区だと平均で20万、地方だと10万以下でしょうか。

収入114万、家賃20万、光熱費3万、給食(ミルク)2万、雑費(什器や教育器具など全般)10万として、約80万ほど手元に残ります。
認定保育園(正確には認定こども園)ではなく保育認定のみの保育所だと1人あたり約24万なので、72-35=37万となります。これで保育士を雇ってしまうと保育士の給料は20万くらいに抑えたくなってしまいますね。

同じように4歳児以上を30人保育する場合、30人あたり1人の保育士となります。実際はパニックになりそうな人数なので2人でやるとします。1人あたりの補助金は約24万なので収入は720万、広さはかなり余裕を持って120坪、港区だと商業ビルとなって200万くらい、地方だと50万くらいでしょうか。
収入720万、家賃200万、光熱費10万、給食50万、雑費100万と支出を多めに見ても360万残ります。
保育所の場合は1人あたり10万なので、収入300万となって60万の赤字になります。地方だと90万残って、ここから保育士2人分の給料となります。給食とか雑費を抑えれば給料30万で運営は可能そうです。公的機関のビルなどに入っているケースでは家賃が破格なので余裕が出ます。

ざっくりですが、認定こども園を経営する場合は家賃が高い港区で経営しても十分に儲かりそうです。だから保育園やりたい人はいっぱいいるんですね。既存の保育園からしたらこんなにおいしい事業に民間の力が来るのは怖いわけです。
保育所参入 企業に障壁 公取委、自治体に改善要求 – 日本経済新聞

保育士の給料が安いのは園長が儲かりすぎt(略

 

 

ちょっと保育園の経営シミュレーションが長くなりましたが、ここから「無駄」についての本題です。

日頃から経営指標に接している人であればすぐに違和感に気付くのではないかと思います。
0〜5歳の補助金は月額10万〜38万です。
年収500万の家庭であれば保育料は3万程度だそうです。
保育園に預けて働く方はどのくらい稼げているのでしょうか。
例えば手取り10万の場合、家計的には保育料を引いて7万円の稼ぎとなり余裕ができるでしょう。ただ一方で保育料として税金が使われているんですよね。
自分で育てる場合は家計も税金もプラスマイナス0ですが、0歳児を預けて手取り10万の場合は家計はプラス7万、税金がマイナス35万(38万-保育料3万)で差し引き28万円も「無駄」が発生しています。
この28万円が無駄と言い切れない要因としては、保護者が働くのが好き、子供に社交性が出来るなど多々あるでしょう。ただ実際に28万円が使われ、さらに保育園不足、保育士の給料安い問題が起きているんです。

ぶっちゃけますが、子育てをしている家庭に限って子ども手当を毎月10万円出した方がマシなんじゃないでしょうか。
親友がカナダで子育てしていて1人あたり月5万円もらえてものすごく楽だそうです。子を生み育てる事は最も経済的効果がある事です。生みやすい育てやすい国にする必要があります。日本の高度成長期なんて人口が増えてただけという説もありますし、支持しています。
人口ボーナス

女性が働く社会を目指す政権とは逆行しますが、本当に本心から働きたい保護者の方はどのくらいいるのか調べてみた方が良いです。少なくとも自分の周りの女性達は本当は仕事をしたくない人ばかりです。

「無駄が雇用を産む」と思っていはいますが、雇用されている側が苦しいくらいなら「無駄」をなくす方が健全です。

 

 

Useless / richardsummers

このエントリーをはてなブックマークに追加