FAX環境構築

By kihara, 2014年1月25日

インターネットビジネスにFAXなんて必要ないと思ってました。

登記、税金などの公的機関、銀行なども必要なかったのですが、、、

クレジットカード決済を導入にFAXが必須項目となっていました。(なくていいところもあると思います)

 

 

早速ヨドバシに、ではなく、ITエンジニアとして無料でFAX構築をします。
かかった時間は1時間程度、ただしテストしてません。

参考にしたサイトはこちら。
Asterisk VoIP-Info.jp Wiki
AsteriskとFUSION IP-Phone SMARTで構築する月額基本料・着信無料のFAX環境 / pirosapの備忘録

 

と、インストールが終わってから気付いたのですが、
Asterisk with FUSION
公式にバッチが置いてありました。
こちらはWebブラウザで設定ができるそうなのでかなり早そうです。

 

※下記はさくらVPS(x86-64)環境で構築しています。バージョン違い、OS違いで大きく異なる事があるので、くれぐれも自己責任でお願いします。

1. FUSIONで電話番号を取得
FUSION IP-PHONE SMART
会社番号に続いて同一クレジットカードだったので525円かかりましたが、1個目は無料です。
会社番号とFAX番号の上4桁が一緒になったので、ちゃんとした会社っぽいです。
あと、2個目を取る時は別のメールアドレスが必要なので注意してください。

 

2. Asterisk をサーバにインストール
その前に必要パッケージを入れます。
GCC、G++(GNU-C++)、OpenSSL、Ncurses、bison、カーネルソース(zaptel)、libxml2、SQLite3、など。
下記を参照ください。
Asterisk 11 インストール方法

Asteriskダウンロード
http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/
新しいモノが好きなのでver12を入れました。

 

3. Fax for Asterisk 登録+インストール
Digiumでライセンスを買います。1こだけなら無料です。
Fax for Asterisk

送られてくるメールに従って下記を実行します。
・register
http://downloads.digium.com/pub/register/
契約しているさくらVPSは「x86-64」なのでそれを選択
実行権限をつけて実行し、名前から会社名まで色々と入力して終了

・benchfax
http://downloads.digium.com/pub/telephony/fax/benchfax/
そのサーバにどのファイルが適しているか教えてくれるツールです。
そこで出てきたものを
http://downloads.digium.com/pub/telephony/fax/res_fax_digium/
こちらからダウンロードして/usr/lib/asterisk/modulesへ設置

 

4. 設定
こちらの受信したFAXをメールで送る部分
Fax for Asterisk

AsteriskとFUSION IP-Phone SMARTで構築する月額基本料・着信無料のFAX環境 / pirosapの備忘録
の設定部分を利用しました。

変えたところは後者のページの
exten => h,1,System(/var/lib/asterisk/fax2mail.pl ${FAXFILE})
をfax2mail.shにしたくらいです。

IPテーブルもいじります。
ファイアウォールの設定

以上で完了です。

Myfaxでテストしようと思ったらIP電話に対応してなかったのでサクッと諦めました。

 

 

インフラ部分は知らない事だらけなので疲れます。
でもwebにたくさん情報が載ってるので何とかやれてます。
みなさま、ありがとうございます!

ちなみに他に入れたのはredmine,git,phantomjsあたりです。
特につまずくとこはなかったですが、さくらVPS環境で困ってる人がいれば恩返しの意味も込めて書きます。

fax / 31333486@N00 / anomalous4

このエントリーをはてなブックマークに追加