知らない人に未来を任せる人がいるって本当?

By kihara, 2014年11月21日

 

 

選挙って知ってますか?

 

もはや知らない人が多いのではないかというくらい興味を失っているであろうアレです。

 

 

初めての選挙

 

覚えていますか?

早い人は幼稚園で、お遊戯会の主役を選んだり、学級委員を決めたり、生徒会長を選んだりしたかと思います。

その時どういう思いで手を挙げましたか?

 

小学校6年の時に僕を選んでしまったばっかりに、その後同窓会が催されないという致命的な選択ミスが起こってしまうくらい、気軽に手を挙げていたり、ただ押し付けたいだけだったり、超真剣に悩んで選んだり、人それぞれだったかと思います。

 

ただ、思い返してみてください。

 

 

全員参加してませんでしたか?

 

 

 

学級委員になりたい!

 

あなたは小学6年生。急に学級委員になりたいと思いました。

なぜならクラス1番のヨシ子ちゃんが「学級委員してる人と結婚したい」と言ったからです。

というのは止めて、

「学級委員になると給食のパンが2倍になる」

のもイマイチなので、

「学級委員になるとゴーストライターが宿題とテストをやってくれる」

という設定にしましょう。

 

これは絶対になっておきたいですね。

 

 

まず何をしますか?

そうです、立候補です。

そのクラスに属していれば立候補できるはずです。

 

そして次は、、、

 

 

 

得票数を考える

 

 

立候補が3人もいます。

もし1人なら「無投票当選」で文句なく選ばれていました。

 

しかも立候補者にクラスの人気者、タカ志君がいます。

浮動票は確実にタカ志君に流れるでしょう。

もう1人は眼中にないのですが、確実に自分に入れるでしょう。

つまり20票、自分を除けば19票取れば勝てます。

elec1

こうですね。

立候補者を除く37人に対して19人の心をつかむ必要があります。

ただあなたには小さい頃からとっても仲の良い友達が3人います。

 

elec2

あと16人!

心をつかめればいいわけです。

 

 

 

人を動かすのは容易ではない

 

あれこれアピールしてみますが、全く刺さりません。

へー、とか、ふーん、とか、ブリブリ、とかしか言いません。

 

なんならお菓子で買収しようかとしますがお金がないです。

秘蔵の妖怪ウォッチ零式をあげても1票しか増えません。

 

そこであなたは思いつきます。

 

 

 

甘い誘惑

 

「僕が学級委員になった暁には、給食を豪華にします!」(ただし給食費は上がる)

「僕が学級委員になったら、お小遣いをあげます!」(ただし学費は上がる)

「切手代を経費で落とせるようにします!」

「水泳の授業を混浴にします!」

 

 

人のお金で票を採る作戦です。

少し賢くなりましたね。

 

これで3人が票を入れる事を約束してくれました。

 

elec3

まだまだですね。

選挙まであと3日。決戦は金曜日です。

 

 

 

 

クソ甘い誘惑

 

 

「・・・」

 

何か聞こえます。

 

「もうちょっとお小遣いが多ければ投票するんだけどな。」

 

なるほど。

 

ただ、全員に払うと明らかに足りません。

そこで掃除係の3人にだけ10倍あげ、他の人へのお小遣いはなくしました。

 

これは公表していないので学費が上がる理由さえ適当にごまかせば問題ないです。

みんなで負担すれば月100円なので特に不満に思う人もいないでしょう。

ただ、掃除係は月に1,300円ももらえます。小学生にとっては超大金ですね!

 

elec4

 

けっこういい感じになってきました。

 

あと10票です。

 

 

 

他人を落とす

 

あと10票、あと10票、あと10票、、、、

 

考えても考えてもいい案は出てきません。

 

こうなったら、、、、

 

 

「あのさー、知ってる?タカ志って未だにママって呼んでるんだぜ!」→「キャー、かわいいとこあるのね!」

「この前タカ志が落ちてた饅頭食べてたよ」→「言ってくれればお弁当作ってあげるのに。」

「タカ志ってもうボーボーなんだぜ」→「キャー、ワイルド!」

 

イケメン強し、、、

効果がありません。

 

 

別のクラスにあなたの事を好きな子がいます。

その子に頼み込んで、さっきと同じ事を言いふらしてもらいました。

「ママって呼ぶ男子なんてちょっとないよね」→「うんうん、ないかも」

「落ちてるもの食べた口とキスできない。。」→「きもいよね」

「やっぱり手入れは必要よね」→「分かる分かる」

 

 

効果絶大です。

言う人が変わると受け取る側も大きく変わります。

 

あなたはどんどん性格が悪くなっています。

 

elec5

 

あと5票。。。

 

 

 

投票日

 

いよいよ投票日。

明らかに票が足りないあなたは画期的な手段を思いつきます。

 

 

「ごにょごにょ」

 

「あーだこーだ」

 

「ぺっぺけぷー」

 

 

そして投票です。

 

果たして結果は、、、、

 

 

elec6

 

 

見事当選です!!!

 

タカ志君は釈然としない様子です。

あなたに投票した友達、掃除係、食いしん坊の人たちは大盛り上がり!

クラスの他の人はノーリアクションです。

コースケはニヤニヤしています。

 

 

 

 

数から率に

 

あなたがした事は1つ。

 

「学級委員なんて誰がやっても同じでしょ」

「今どき真面目に学級委員決めるなんてかっこ悪くね?」

「クラスより受験の方が大事なんじゃないの」

 

 

幼なじみと2人で言いまくっただけです。

 

40人のうちなんと16人、40%もの人に自分たちの代表を、未来を決める事を諦めさせる事に成功しました。

 

自分の票も減りましたが、友達とお金で釣った固定票で得票率1位になりました。

20票とらなくても良かったんです。

過半数に達していなくても、仮に得票率が30%でも、得票率が1位でありさえすれば勝てるんです。

 

 

人を動かす事は難しいけど、逆に動かさなくする事は簡単なのです。

 

投票しなかった人たちは完全にコントロールされた事にすら気付いていないでしょう。

自分の意志で投票をしなかったと思い込んでいます。

投票しなかった俺かっこいいとか言っちゃってる人すらいます。

 

 

ランチにお店に入って何もしない人はいないでしょう。

黙ってても「クソうめぇだろ」とおいしいご飯を出してくれるシェフなんていないです。

 

そのくらい愚かな行為だという事に、この40%の人たちは全く気付いていないんです。

 

 

信じられますか?

 

 

 

 

 

ごちゃごちゃうるせぇ!投票に行こう!

 

 

12/14(日)にあります。

衆議院がどんなところか、何があるのかは色んなサイトにたくさん載っているのでググってください。

 

何もしなければ何も語る資格はなく、ただ損をするだけです。

 

 

 

 

 

 

Ballot box / 61423903@N06

このエントリーをはてなブックマークに追加